スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちは死にたくはなかった--少年と命の尊さ

きっと、あの時代の人、みんなつらかったでしょう!

殿は国の誇りや国の人を守るために、辛い決心して、17歳の少年を戦場に送った。

母親たちは、子供をそれほど愛していたけど、息子がそのまま死ぬかもしれないとわかっていたけど、息子たちに向かい、「立派に働き」と言っていた。

白虎隊の少年は、まだ家族以外の女と言葉を交わせずまま、いろんな思いを抱えているにもかかわらず、会津のため、殿のため、大切なものを守るため、死ぬ覚悟で母親の元から離れ、戦場へ向かった。嵐の中食わず飲まず城へ戻る信念に支えられ頑張っていたが、鶴城が燃えているのを見た。それはどれほど絶望な思いでしょう!

その戦に囲まれ、生き方さえ選べることができなかった時代で、若干17歳の少年たちは胸を張って死に直面していた。その少年たちの笑顔は見てられないほどまぶしかった。心が痛む!

彼らと比べて、私たちは本当に幸せだね。好きな物を食べ、好きなことをやり、親に可愛がられ、好きな人を愛することができる。これがどれほど幸せなことか知らない。この平和な時代に生まれることができて、本当によかった。この平和な日々をもたらしてくれた先祖たちを深く感謝している!

そして、私はいつまでも忘れない。峰冶が嵐の中で生き抜き、青い空を眺める時言っていた話:どんなに辛くても、生きていれば、必ず雨が上がり、綺麗な空が見られる。

「白虎隊」は本当にいいドラマだね。私たちに命の尊さや大切さをしみるほど教えてくれた。山下君もこのドラマをやっていて、よかったね!きっと、あなたもファンたちもよく感じていたよ!このドラマの意味を!

そして、山下君、強い雨とか、染みる寒さとか、本当にいろいろお疲れ様でした!

以上、九ヶ月も遅れた「白虎隊」の感想でした!

comment

Secret

大切な人へ

星をめざして

小拍

Author:小拍
山下最爱,NEWS大爱!完全被NEWS治愈中!!

素直な気持ち

悔いのない人生を送ろう

自由な話

自由な所を綺麗に守ってほしい

友達になろう

かけがえのない友達

この人とブロともになる

ありふれた幸せ

智とともに歩んでいこう

^得儿意の笑^

また、いつか会いましょう

月々は年になる

人生の思い出

縁のおかげで

友達になれば嬉しい

音楽の道

音楽からの応援
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。